TOPICS

クローズアップ14.クラシックモダンなリング

現代ではファッションアイテムの1つとなったリングですが、
その起源をたどりますと、今から4000年以上も前、
紀元前の古代エジプトの遺跡から金銀のリングが出土しており、
すでに魔除けや護符、あるいは権威の象徴として
リングが作られていたことが知られています。

その後、特に古代ギリシャ、古代ローマにおいて、
さまざまなデザインのリングが作られていきました。
古代ローマでは、鉄製の指輪を婚約指輪(契約の証)とした
ことなどが資料に残されているそうです。
イタリアにおけるリングの歴史が、いかに古く、
多くの人生の物語を彩ってきたかがうかがわれますね。

今回は、そうした宝飾史における伝統を踏襲しつつ、
新しいアプローチによってモダンな趣が加わった、
存在感あふれるリングをご紹介いたします。

場面の広い、大ぶりなトップ部分を、
細めのアームが支えるタイプのリングは
フェデリーコ・ブチェラッティではクラシックスタイルと呼び、
このトピックスでも、何度か登場してきました。

_DSC0144.jpgのサムネイル画像
こちらのリングは、0.7カラットのセンターダイヤモンドの
美しさを称えるかのように、12石のブリリアンカットの
ダイヤモンドが贅沢に取り巻いています。
さらに周りをぐるりと囲むホワイトゴールドの細工は、
これほどのダイヤモンドの煌めきにもまったく引けを取らない、
気品にあふれた華やかさです。
_DSC0157.jpg

クローズアップしてよく見ていただくと、
センターストーンの台座部分のイエローゴールドが、
ほかの部分のイエローゴールドよりも、
ワントーン濃い色になっていることが
おわかりいただけるでしょうか。
つまりこのリングには、2色のイエローゴールドが
使われているのです。
_DSC0144yori.jpgのサムネイル画像

このように仕上げていくためには、職人の熟練の技と、
高い感性が求められます。
地金の色に濃淡をつける、という斬新な手法によって、
センターダイヤモンドがより立体的に強調され、
その煌めきはいっそう際立って見えます。
ぱっと見ては気づかないほどの僅かな違いが、
リング全体に、あか抜けた印象をもたらしています。

また、サイドからご覧いただきましても、
流れるような優雅なシルエットと
バランス良く組み合わせられた繊細な細工に、
見入ってしまわれるのではないでしょうか。

_DSC0152.jpg

リングのアーム部分のエレガントな曲線も、
表からは見えない部分ですが、
伝統の技があますところなく施され、
さらに洗練されたスタイルに仕上げられています。

_DSC0163.jpg

単にクラシックな形を再現するのではなく、
かといって、目新しさでモダンに見せるのでもなく、
脈々と受け継がれてきた美意識を尊重しつつ、
時代を超えて、どのように進化させていくべきかを常に探求する。
それがフェデリーコ・ブチェラッティの
ジュエリーデザインにおける哲学でもあります。

この1本のリングにも、
ブランドの過去、現在、未来のすべてのエッセンスが
こめられているといえるでしょう。