TOPICS

コレクション18. シルバーのトレイ

今年100周年を迎えるブチェラッティの歴史は、
宝飾師であると同時に、金銀細工職人(ゴールドスミス)の店
として始まりました。
現在も、フェデリーコ・ブチェラッティにとって、
伝統的な職人技術による銀の装飾品や銀食器等の製作は、
ジュエリーと等しく重要な仕事です。

1987年に開催されたヴェネツィア・サミットにおいては
イタリア共和国より各国首脳に教会を彫った銀の箱が贈られました。
また1996年にイタリア共和国がバチカン市国を公式訪問した際には、
ブチェラッティの銀の箱が携えられていました。
フェデリーコ・ブチェラッティは、イタリアの伝統工芸の分野においても、
一翼を担っているといっても過言ではありません。

芸術的価値の高い作品は数々ありますが、
今日は、お気に入りのジュエリーを置くこともできる
かわいらしいシルバーのトレイをご紹介しましょう。
fb107666_re_dm.jpg
6cm×6cmほどの、手のひらサイズのトレイです。
柔らかい布のドレープを思わせる、質感の表現が上品です。
また、ふちに施された繊細かつ深い彫りの細工には、
手仕事による並みならない技が光ります。
さりげないものであるからこそ、センスが伝わる一品
といえるでしょう。

フェデリーコ・ブチェラッティのリングを乗せてみますと、
当然ですが、とてもよく似合います。

明るい空色のターコイズを丁寧なゴールドの細工で包み、
ホワイトゴールドのボディにインチーゾの仕上げを施した、
カラーコンビネーションが美しいクラシックなリングです。
この特別なトレイの上に乗せると、
まるでソファに優雅に座る貴婦人のような雰囲気です。

シルバートレイには、メッセージや日付なども刻印できますので、
贈り物としても最適です。
きっと誰が手にされたとしても、何か大切なものを入れよう、
とわくわくされるに違いありません。

髙會堂六本木店ではこのほかにも、シルバーのオブジェ、
フォトフレーム、小物入れ、大皿やスプーン、文具など、
暮らしの中に一つ加えるだけで、心が豊かになるような品々を
たくさんご用意しています。
ジュエリーとともに、素敵なシルバーコレクションもぜひご覧ください。