TOPICS

クローズアップ13.エメラルドのネックレス

今年最初のクローズアップといたしまして、
故フェデリーコ・ブチェラッティがデザインし、
ベネデッタ・ブチェラッティが仕上げた、
クラフツマンシップの結晶ともいえる、
エメラルドのネックレスをご紹介します。

まずはこの、ドラマティックな存在感がありながら、
極めて自然な情感あふれる、優美な佇まいをご覧ください。

2789.jpg

カーヴィング(彫刻)を施した26石のエメラルドの実と、
葉に散りばめられた62石のローズカットダイヤモンド。
柔らかな光彩が、金細工の醸し出す陰影に
見事にマッチしています。
実りの豊かさ、香しさが漂うようなネックレスです。

2790.jpg

今にもこぼれ落ちそうな、エメラルドの実を支える茎の曲線、
ガク部分に施されたインチーゾ、尖りのある葉の細工...。
ひとつひとつ微妙に異なった意匠で、生き生きとした表情です。
ルーペでのぞくと引き込まれてしまうほど、
有機的な世界が繊細に作り上げられています。

どのパーツも重なることなく透け感が保たれているため、
植物らしい軽やかさ、のびやかな生命力さえ感じられます。

2793.jpg

審美性を損なうことなく設けられた留め金部分と、
ネック周りにしなやかに沿うように、細かく繋げられた葉のパーツ。
ローズカットダイヤモンドが後ろ側まで並んでいます。

2797.jpg

裏側から見ても刺繍のように美しい、と思わせるほど、
石に光を通すための窓が、丁寧に形作られています。

2800.jpg

細部に至るまでブランドの美意識を宿し、
手間も時間も惜しむことなく完成させた、
職人魂をも感じさせるクリエイションだからこそ、
いつまでも色褪せることなく、時代を超えて、
その美しさを讃えていただくことができるに違いありません。