TOPICS

クローズアップ6 小枝のピアス

フェデリーコ・ブチェラッティのサロンには
小さな金細工の植物園とも呼べるほどに、
多彩なボタニカルモチーフのジュエリーが並んでいます。

どちらかといえば華麗な花々というより、可憐な草花や、
野にある優しい草木のような
素朴な中にも生き生きとした魅力あふれるもの、
変化に富んだ自然の美しさを細やかに表現したものが
数多くあります。

中には、実際に存在しない空想上の植物を
デザインしたものもあります。
今回はローマから届いたばかりの、
素敵なピアスをクローズアップいたします。

1674.jpg

この小枝のピアスに、物語に描かれる植物のような、
不思議な印象を感じるとしたら、
それは玉虫色のマザーオブパールが使われているからかもしれません。
マザーオブパールはその名の通り、真珠を作る母貝のことで、
光を反射して、虹色の神秘的な輝きを放つものです。

木の実を思わせる、ややハート型のマザーオブパールは、
小さなガクのような彫りのツメにしっかりと留められ、
輝く金細工の輪にくるまれています。
小枝からはマットゴールドで表現された葉が伸びています。
そして一粒あしらわれたダイヤモンドが、
露のように光って見えます。
小さな中にも、さまざまな質感と輝きがあり、
重層的な魅力のあるデザインです。

まるで森の奥深くにある幻想的な木の枝先から、
ほんの少し手折ってきたばかり、というような芳しさがないでしょうか。
どんな木なのか、想像してみるのも楽しいかもしれません。

お顔まわりに近く、最も人目にとまりやすいピアスやイヤリングは、
つい無難なデザインを選びがちです。
そのため、ありきたりでない、おしゃれなデザインのものを、
見つけることが難しいものです。
この植物のピアスはとても上品で愛らしさもあり、
主張しすぎることなく、着ける人に特別な雰囲気を与えてくれます。

同シリーズには小ぶりなブローチもあります。
1676.jpg

植物をリアルに模倣するだけでなく、
ハイジュエリーとしての高級感や、夢のような遊び心も加味した、
バランスの良い美しさは、伝統的なクラフツマンシップによるものです。

その創造性は、自然の意匠の素晴らしさ、豊かさを見つめる
職人たちの情熱から生み出されています。


(ピアスはクリップタイプのイヤリングにお仕上げも可能です。ご相談ください。)