TOPICS

コレクション10. 優美な蝶のブローチ

花や草木、動物など、自然の造形美への憧れを、
金細工のジュエリーへと昇華させてきたフェデリーコ・
ブチェラッティから、
今回は、素敵な蝶のブローチをご紹介いたします。

まず目に留まるのが、蝶の羽根にあしらわれた
4石のカボションカットのアクアマリンです。
背面の石座をホワイトゴールドで作り、
石の透明感を引き立てています。
この潤いを感じさせる、みずみずしい色と輝きが、
まるで蝶に生命を与えているかのようです。

また蝶の頭の位置は、あえてわずかに左にずれています。
こうすることで動きが生まれ、よりオーガニックな
柔らかい雰囲気が感じられるのです。

胴体部分にはローズカットダイヤモンドをグラデーションに配しました。
羽根には隙間なく小さなダイヤモンドが敷き詰められているように見えて、
実は中央付近は金細工のみです。
卓越した職人技によって、羽根全体が統一感のある美しさに
仕上げられています。

模様はオープンワーク(透かし)でくっきりと形作られ、
蝶の軽やかな躍動感が表現されています。
たいへん贅沢でありながら華美過ぎない
"軽やかさ"が、このブローチの魅力のひとつといえます。

ブローチのサイズは最大7cmあり、
決して小さくはないのですが、
上品な雰囲気のため、シンプルなスーツやワンピースにも
気負わずにお着けいただくことができます。

蝶は「美しく変化し続ける」シンボルともいわれ、
吉祥のモチーフです。
世代を超えていつまでもご愛用いただける、おすすめの一品です。

fb-096213_re.jpg